Home > スポンサー広告 > 韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

matumoto URL 2011-04-21 Thu 13:53:14

> 「契約が成り立たないとなればユーザーデータベースを渡すことはない」
渡さないなんてのは有り得ない。
というか、あってはならないこと

法に則って争った場合、間違いなくCJ側の敗訴が目に見えてる

nandato.. URL 2011-04-21 Thu 16:40:38

>ここでCJとの再契約が成り立たない場合、現在韓国でサドンアタックをプレイしている全てのユーザーデータがNEXONへ引き継がれないことになり、階級、戦績、クランなどなど、全て"1"からサービスをやり直すことになることも十分考えられます。
というわけで、アカウントが引き継がれるか、"再出発"か、韓国サドンアタックは現在これでもめています。

もし引き継がれなくなった場合日本のアカウントもやり直しになるんですか?

3peace URL 2011-04-22 Fri 00:52:02

>>matumotoさん
韓国の法律をご存知の方ですか?
この件は交渉段階にあり、決定事項ではありません。"あってはならない"というのはちょっとよくわかりません。
サドンアタックの版権はあくまでNEXONにありますので、CJ側が厳しい立場なのはわかっています。
まずは今後の展開を見守るしかありませんね。

>>nandato..
記事の終盤にあるとおり、NEXONとゲームヤロウはマーケティング提携を契約していますので、日本はその影響はうけません。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://peacedayz.blog58.fc2.com/tb.php/301-9b6b06ce
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from It be peaceful days...

Home > スポンサー広告 > 韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について

Home > Sudden Attack > 韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について

韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について

今年7月にサドンアタックがサービス終了すると、ある意味で拡散するように騒がれていますね。

ソースはおそらくこの2つの記事です。
CJとネクソン、絡み合う糸のように - Sgame
ゲーム業界、再契約関連の葛藤に疲弊 - Sgame

結論から申しますと、それはないと思います。
韓国の全てのオンラインゲームで現在も1,2を争っているゲームが終わるわけがないと思います。
サドンアタックの開発元のGameHiの買収をめぐる騒動から整理しましょう。

CJ E&M Corporation(以下、CJ)は、サドンアタック開発会社のGameHiとパブリッシング契約を交わしていました。
その上でサドンアタックの版権を確保しており、CJがオンラインゲーム事業として展開しているnetmarbleにてサドンアタックをサービスしていました。
GameHiは「サドンアタック」「鉄鬼」「デカロン」で知られ、ここ数年の急成長により、CJから買収の動きがなされていました。

CJインターネット、ゲームハイ(日本法人:ゲームヤロウ)買収? - Sgame
『サドンアタック』で有名なゲームハイがCJインターネットの子会社となる - Sgame

GameHi買収の動きは水面下で数社でありました。
CJの他にHanGameのNHN、NEXON CorporationがGameHiとそれぞれ交渉、結果NEXONが手中に収めた形となりました。

ネクソンがGameHiの株式を追加取得 - 4gamer.net

ゲームハイ、結局ネクソンが買収! - Sgame
CJがゲームハイ逃したのは戦略失敗? - Sgame

GameHiがNEXONの子会社となり、サドンアタックの版権はNEXONに移りました。
韓国サドンアタックでは、CJとGameHiとのパブリッシング契約は2011年7月に満了となります。そのため、NEXONとの共同運営は現在のところされていません。
日本サドンアタックでは、GameHiの日本法人であるGameYarouのパブリッシング契約が解消され、NEXONが運営を引き継ぐことになりました。←今ココですね。

そして、現在もめているのはCJとの再契約問題です。
CJ側は売上の2,3割をサドンアタックで占めているため、サドンアタック再契約の意思を強くしています。
CJとの「再契約はない」という立場を守っているNEXONに対し、CJは「契約が成り立たないとなればユーザーデータベースを渡すことはない」としているわけです。
この交渉がどちらに転んだとしても、契約満了後はサドンアタックの版権を持つNEXONがサービスを展開することになります。
ここでCJとの再契約が成り立たない場合、現在韓国でサドンアタックをプレイしている全てのユーザーデータがNEXONへ引き継がれないことになり、階級、戦績、クランなどなど、全て"1"からサービスをやり直すことになることも十分考えられます。
というわけで、アカウントが引き継がれるか、"再出発"か、韓国サドンアタックは現在これでもめています。

日本のサドンアタックは、ゲームヤロウとマーケティング提携を契約していて、ポータルサイト「ゲームヤロウ」 におけるサービスは継続することを発表しています。

何が起きているか簡単にまとめたpdfがあるのでご覧ください(要AdobeReader)
http://3peace.in/data/sa.pdf


「NEXONが再契約しないっていうから、契約満了の7月でサドンアタックはサービス終了」とか、「NEXONが再契約を渋っているから、再契約しなかったらネクソン運営じゃなくなる」とかいう、あたかもNEXONがサドンアタックの版権を手放すかのような憶測がなされていますが、これは誤った解釈です。お間違えのないようにお願いします。
関連記事

Comments: 3

matumoto URL 2011-04-21 Thu 13:53:14

> 「契約が成り立たないとなればユーザーデータベースを渡すことはない」
渡さないなんてのは有り得ない。
というか、あってはならないこと

法に則って争った場合、間違いなくCJ側の敗訴が目に見えてる

nandato.. URL 2011-04-21 Thu 16:40:38

>ここでCJとの再契約が成り立たない場合、現在韓国でサドンアタックをプレイしている全てのユーザーデータがNEXONへ引き継がれないことになり、階級、戦績、クランなどなど、全て"1"からサービスをやり直すことになることも十分考えられます。
というわけで、アカウントが引き継がれるか、"再出発"か、韓国サドンアタックは現在これでもめています。

もし引き継がれなくなった場合日本のアカウントもやり直しになるんですか?

3peace URL 2011-04-22 Fri 00:52:02

>>matumotoさん
韓国の法律をご存知の方ですか?
この件は交渉段階にあり、決定事項ではありません。"あってはならない"というのはちょっとよくわかりません。
サドンアタックの版権はあくまでNEXONにありますので、CJ側が厳しい立場なのはわかっています。
まずは今後の展開を見守るしかありませんね。

>>nandato..
記事の終盤にあるとおり、NEXONとゲームヤロウはマーケティング提携を契約していますので、日本はその影響はうけません。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://peacedayz.blog58.fc2.com/tb.php/301-9b6b06ce
Listed below are links to weblogs that reference
韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について from It be peaceful days...

Home > Sudden Attack > 韓国サドンアタック CJとNEXONの再契約問題について

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。