Home > スポンサー広告 > TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://peacedayz.blog58.fc2.com/tb.php/253-adee4082
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from It be peaceful days...

Home > スポンサー広告 > TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明

Home > TeamSpeak 3 > TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明

TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明

TS3初回起動でセットアップウィザード[SetUp Wizard]が開き、初期設定を行った際にTS3導入方法に書いている通り、ホットキー[Hotkeys]を設定する場面があります。その設定の際になんらかの誤った操作によりホットキーにバインドが設定されてしまって、いざ会話をするときに無意識のうちに勝手にマイクやスピーカーがミュートになってしまうケースが多々あります。

この誤設定により勝手にマイクミュートされる例としてCtrlに設定されたのを知らずFPSでしゃがむ度にミュートになる、Eキーなどのよく使うキーを知らずに押していた、F1~12、PageUp/Down、左クリックやサイドボタンなどなど、ホットキーはあらゆるバインドに設定できるために誤操作になりやすいケースがあります。

これを防ぐために、現在のホットキーの設定を確認する方法、別の新たなホットキーの設定方法を紹介しておきます。

[設定]→[オプション]を開き、ホットキーの項目を開きます。
(Setting → Option → Hotkeys) 画像のTS3は日本語化しています。

何らかのホットキーが設定されている場合は右枠に表示されています。
プッシュトークを設定した場合にはバインドを押したとき(down)、バインドから手を離したとき(up)のそれぞれのアクションがここに設定されています。
その下にはスピーカーミュートの切り替えが設定されています。

ホットキーで勝手にマイクミュートになったりして困っている方は、この設定の余計な項目を全て削除すれば解決します。

ここからはホットキーを使いこなしたい人向けの設定です。
この設定でここに書ききれないほどの色んなアクションがホットキーで実行できます。
その中でも便利な例として別のタブでサーバへ接続をホットキーで実行します。
ブックマークに登録しているサーバのうち、よく利用しているサーバを設定すればそのホットキーを押すだけで新しいタブでサーバ接続します。
オプションの下の方にある[追加](Add)をクリック

ホットキーセットアップダイアログを開いたら、[接続]→[サーバ(新しいタブ)]と展開していき、ブックマーク一覧より接続したいサーバを選択します。
この画像の場合はF12キーを押したときに「3peaceServer 1st」へ新しいタブで接続するという設定です。

設定したら右の欄に追加されていることを確認します。


注意すべき点があるとすれば、TS3を起動している状態であれば非アクティブな状態でもホットキーバインドを押すとそのアクションを実行します。ゲーム中に動画やSSを撮りたくてF9~F12を押したら、同時にTS3のホットキーが反応して別のサーバに移ってその間だけ仲間に報告できなくなってしまった…なんてことのないようにしましょう。。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://peacedayz.blog58.fc2.com/tb.php/253-adee4082
Listed below are links to weblogs that reference
TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明 from It be peaceful days...

Home > TeamSpeak 3 > TeamSpeak3の"ホットキー"についての説明

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。