Home > 2012年03月

2012年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TeamSpeak 3 の背景画像を差し替える

  • Posted by: 3peace
  • 2012-03-16 Fri 22:16:22
  • TeamSpeak 3
好きな画像をTeamSpeak3の背景にしてみます。

sample





差し替え方法

基本的な差し替え方法です。

用意するもの

  • TeamSpeak 3
  • 背景にする素材画像
  • アドオンファイル (下よりダウンロード)
  • (必要に応じて) WordPadソフト

アドオンファイルダウンロード

配布サイトはこちら (出典:死者のページ

アドオンファイルを実行

ダウンロードした「lunatic_skin.ts3_style」を実行する

不明なファイルとして実行できない場合、クライアントバージョンを最新版にアップデートして下さい。

下のBOXをTS3インストールフォルダに指定してInstallをクリック
(デフォルトのインストールフォルダ:C:\Program Files\TeamSpeak 3 Client


素材の画像を設置

アドオンファイルをインストールしたらTS3インストールフォルダにあるstylesフォルダを開く
(デフォルト:C:\Program Files\TeamSpeak 3 Client\styles

アドオンファイルを実行後、lunaticフォルダとlunatic.qssファイルが追加されているのを確認する


lunaticフォルダ内にある画像「bg.jpg」を素材画像に置き換える
→ bg.jpgを直接編集 or 素材画像をbg.jpgにリネームして上書き 等

TS3で背景画像を確認する

TS3のオプションを開き、デザインでlunaticを選択して適用する



背景を差し替えたTS3を作成した方は是非 #ts3_lunatic をつけてツイートして下さい。

基本的な差し替え方法は以上です。以下は必要に応じてでOKです。

フォルダ名 ファイル名 qssファイルの編集

必要に応じて、フォルダ名、ファイル名、qssファイルの編集を行います。

フォルダ名 ファイル名

フォルダ名とファイル名は自由に編集出来ます。
フォルダ名は適当な名前に変更してもらって構いません。
qssファイルの名前はts3クライアント側のオプションで表示されるテーマの名前となります。
(上のオプション画像のDefault,bluesky,lunatic等、qssのファイル名が表示される)
フォルダ内の画像ファイルの名前も自由に変更できます。形式はjpgやpng等に対応しています。

qssファイルの編集

フォルダ名やファイル名を変更した後は、qssファイルの編集が必須となります。
qssファイルをWindows付属のWordPadや、Terapad等で開きます。

画像で選択している部分の画像へのパスを正しく編集します。
例えばフォルダ名をbackground、そのフォルダにtest.pngという画像を設置した場合は、
url('styles:lunatic/bg.jpg'); → url('styles:background/test.png'); と書き換えます。

qssを編集した上でオプションを変更することで背景が反映されます。


おまけ:自分で作ったアドオンファイルを配布したい

おすすめは7zipを利用することです。7zipダウンロード → http://sevenzip.sourceforge.jp/
最初にダウンロードしたlunatic_skin.ts3_styleを7zipで開きます。

中身はこうなってます。
package.iniはファイル名がそのままであれば中身はメモ帳等で編集して構いません。

どや顔で自分の名前でも追加しましょう。保存すると7zipによって"書庫"が更新されます。

最後にstylesフォルダを開き元あるlunaticフォルダやqssを削除して先ほど作ったオリジナルを入れます。


これでアドオンファイルの完成です。ファイル名は拡張子を.ts3_styleとしていれば変更しても構いません。


画像クリックで誰得背景をダウンロードできます

Home > 2012年03月

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。